東芝の太陽光発電の良い所

東芝は太陽光発電の業界では後発組です。
東芝が太陽光発電の市場に参入したのは2010年のことで、歴史的には非常に浅いと言わざるを得ません。
ただし、歴史が浅いからと言ってそれが弱点になるとも限りません。
太陽光発電の業界自体がまだ新しく、日々新しい技術が開発されている現状においては、新規参入は逆に有利とも言えるでしょう。
それに、東芝は住宅用の太陽光発電システムへの参入は遅いですが、産業用に関しては以前から取り組んでいたので、それほど問題にはならないでしょう。
東芝の太陽光発電システムの大きな特徴は太陽光電池モジュールを自社生産ではなく、他社から調達しているという点です。
国内の他のメーカーはシャープにしても京セラにしても三菱電機にしても太陽光電池モジュールを自社生産していますが、東芝はアメリカのサンパワー社のソーラーパネルをOEMで調達しています。
サンパワー社はカリフォルニアに本社があるメーカーでパネルの性能に関しては世界トップクラスにあると言われています。
価格の安い多結晶シリコンではなく、性能面でメリットの大きい単結晶シリコンを電池モジュールの原材料として使用することで、特にパワー面で優れた製品を販売しています。
また、変換効率に優れているのもサンパワー社製電池パネルの特徴です。
これは電池パネルに「バックコンタクト方式」を採用していることが理由です。
通常の電池パネルではセルでつくられた電流を送るための電極やケーブルをパネル表面に配置していますが、バックコンタクト方式ではすべての電極やケーブルをパネル背面に配置することで限られたパネル面積を最大限に活用できる設計になっています。
これにより変換効率が20%まで引き上げられました。
東芝の太陽光発電システムはこのサンパワーの電池パネルを使っているので、非常にパワフルな製品となっています。
最大出力240kW、モジュール変換効率20%はともに業界トップクラスです。
パワーに優れているということは電池パネルの表面積が小さくてもたくさんの発電ができるということですから、屋根の狭い家などには適しているでしょう。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>

Comments are closed.