太陽光発電でパナソニックを選ぶ理由

国内だけでも太陽光発電システムをつくっているメーカーはいくつかありますが、その中ではパナソニックは新規参入組といえるでしょう。
しかし、だからといってパナソニックの製品が品質的に劣っているとか、実績が少ないということはありません。
なぜなら、パナソニックの太陽光発電は三洋電機の子会社化に伴い事業を引き継いだものであり、三洋電機の太陽光発電は非常に良い評判を受けていたからです。
パナソニックの太陽光発電システムの特徴を端的に表現するならば「発電量に優れている」ということになるでしょう。
価格は他のメーカーの製品と比べると若干高めだと言われていますが、その分発電量に優れており、最大出力が240kW、発電効率が18%以上と業界トップクラスを実現しています。
パナソニックの太陽光発電が発電量に優れているのは、太陽電池モジュールに単結晶系ハイブリッド型シリコンを利用していることが大きく影響しています。
このハイブリッド系シリコンは単結晶シリコンにアモルファスを加えた太陽電池でアモルファスシリコン太陽電池とも呼ばれるます。
元々、単結晶シリコンは多結晶シリコンに比べて変換効率に優れているので、より大量の発電をすることができましたが、それにアモルファスを配合することでさらに性能を高めることに成功しました。
また、アモルファスは熱に強いというメリットもあります。
これまで太陽光発電で使われてきた太陽電池モジュールは熱に弱いという弱点を抱えていました。
太陽電池モジュールの温度が高くなりすぎると発電効率が落ちてしまうのです。
しかし、パナソニックのハイブリッド型シリコンでは、例え高温になったとしても発電効率が落ちにくいので、結果としてたくさんの電力をつくり出すことができるのです。
さらに、パナソニックの太陽光発電システムはメンテナンスしやすいことにも定評があります。
パナソニックの電池モジュールはウォータードレインという独特のフレームを採用しているのでゴミや雨水が溜まりにくく故障しにくい設計となっています。
保証もしっかりしているので安心して使うことのできる製品といえるでしょう。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>

Comments are closed.