今年こそ設置してみたい。

私は東京都の多摩市に住んでいます。
前々から太陽光発電には興味を持っていたのですが、なんとなく踏ん切りがつきませんでした。
費用対効果を考えると本当に計画通りに行くかどうか心配になってきます。
ネットの中で記事を見ていると、太陽光発電は設置したほうがいいという意見と、そんなに甘くは無いやめたほうがいいという意見と相反しています。
いいと分かっていることでも、設置した後で失敗したと思いたくは無いのです。
多摩市は日照時間ナンバーワンの山梨県に近く、東京都の日照時間よりも山梨県の日照時間を考慮したほうがいいのではないでしょうか。
日照時間が期待できたら、自宅の屋根の形状と方向です。
屋根の方向は南向きで、形状は切妻の屋根です。
これは太陽光発電にはもってこいといえます。
そして、東京都といえばその補助金の手厚さでは日本一だといえます。
1kwにつき10万円の補助で、上限が100万円という高額な補助金です。
多摩市の補助金はその設置1件につき10万円です。
4kwの太陽光発電を設置した場合、国と東京都と多摩市の補助金で60万円くらいは補助金で賄うことができます。
これは結構大きな金額です。
それによって、初期コストの回収が早めることができます。
売電単価は昨年の1kwにつき42円が今年も継続されるのか、もっと安い単価になるのかは分かりません。
しかし、私は今年は絶対太陽光発電を設置します。
専門家によく相談して、シュミレーションをしっかりして、そして最終的には最悪でも地球環境には貢献できるといった割り切り方をします。