Archives

For the 23区で発電する category.

人口密度が高い中野区で太陽光発電

東京23区を県外の人から見ると、何処へ行っても都会であり、雑居ビルが立ち並ぶビジネス街が、または豊富な商業施設が並んでいるイメージかもしれませんね。
そして、人が住んでいる場所は下町でそんな暮らしの風景が今も残っているという状況が頭に浮かんでくる事でしょう。
しかし、中野区はそのいずれでもなく、本当に人が住んでいるというのが特徴の、東京の、いや、日本屈指の人口密集地です。
だからこそ、この地で太陽光発電を考えたいですよね。
どうしても人が密集すると、二酸化炭素を多く発生させたり、暮らしに関わる廃棄物を排出してしまいます。
ですから、率先してエコを考えたシステムを設置するというのも悪くないでしょう。
近年、お隣中国の大気汚染に絡んで、空気をキレイにする機械の日本における技術が注目されていることがよくニュースになっていますが、確かにそういった機器を部屋につけていると、喘息気味の人があまり咳き込まなくなったり、花粉症に季節になってもくしゃみが出難くなったりします。
そんな感じで、機械やシステムによって環境は確実に良くなって行くのでそれを中野区のような人口密集地で行うのも、いいことでしょう。
さらに、中野区の特徴としては、ほとんどの日本におけるほかの地域に存在している、大きな川が無いとか、それだけではなく、憩いの場としての公園も非常に少ないです。
そう考えると、自然に触れあう機会も少ないわけですから、そこで、コンクリートやアスファルトに囲まれて悶々としているより、太陽光発電という自然にやさしいエネルギーを使って暮らせば気分的にもかなり変わってくると私は思います。
さらに、中野区が太陽光発電に向いていると思う理由としては、こういった都会だと、高層マンションなどが立ち並び、そこに人が多く住んでいるというイメージですが、ここの場合、一戸建てや集合住宅が多く、低い建物が多いです。
もちろん、マンションもありますが、場所が決まっていて日光を建物でさえぎられないという安心感もあるんですよね。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>