先駆的な取り組みと成果

東京都は、日本の首都であり、世界に誇る経済規模の大都市でもあります。
そして、従来から太陽光発電などの自然エネルギーへの取り組みが積極的でした。

東京都が行ってきた先駆的な取り組みとしては、まず平成19年の「太陽エネルギー利用拡大会議」を立ち上げたことから始まります。
この会議はそもそも国からの補助金打ち切りにより低迷に陥った太陽光発電市場の復活を目的に、全国に先駆けて行ったものです。
そして、この取り組みが功を奏し、口の補助制度が復活したのです。
日本の首都である東京が行ったことが、とても有意義なものだったようです。
都内の太陽光発電の導入についても、着実に成果をあげています
東日本大震災の影響もあり、従来よりもさらに太陽光発電は注目を集めるようになりました。
平成23年度の月平均は約4200キロワットであり、3年前の約10倍にも拡大したそうです。
今後も、東京都の太陽光発電の取り組みから目が離せません。